IT・パソコンの基礎知識

【重要】パソコンの初期化に必要な回復ドライブ(リカバリーディスク)の作成方法

2020年8月14日

  1. HOME >
  2. IT・パソコンの基礎知識 >

【重要】パソコンの初期化に必要な回復ドライブ(リカバリーディスク)の作成方法

2020年8月14日

故障する前に回復ドライブ(リカバリーディスク)を作成する

初期化…工場出荷状態に戻すこと

 

パソコンを購入したら、緊急時に備えて「回復ドライブ」(旧リカバリーディスク)を作成する必要があります

今までは、リカバリーディスク(CDやDVD)がパソコンに付属されていていましたが、最近ではパソコン本体にその機能が入っています。パソコンが起動できれば、その機能が使えますが、パソコンが起動しなくなったときのために「回復ドライブ」が必要になります。

中身の部品は壊れていないのに、プログラムだけ壊れてしまったと言う場合です。パソコンに負担をかける作業を続けてしまった。やウイルスに攻撃された。などの時に起こります。

故障の原因や状態にもよりますが、初期化(工場出荷状態)に戻すことで、壊れたプログラムを直すことができます。

ココに注意

「回復ドライブ」はパソコン本体の機能のみ、回復します。パソコン内に保存してあるデータ(Excelファイルや写真など)はすべて削除されますので、データのバックアップは定期的にとっておきましょう。

 

リカバリーディスクと回復ドライブの違い

リカバリーディスクと回復ドライブは同じことです。

今まではCDやDVDなどのディスク型メディアでの作成が主流だったので「リカバリーディスク」と呼ばれていましたが、最近はUSBフラッシュメモリで作成することが増えたため、どちらの意味も含めて「回復ドライブ」と呼ばれるようになりました。

 

作成する時期は?いつ作成するの?

ある程度、最初の設定が終わったら、作成しましょう。パソコンを購入してから1月以内をおすすめしています。

日々のアップデートや経年劣化などでパソコンの動きが悪くなり、フリーズが増え初期化したいな。と感じるのは、2,3年たってからがほとんどです。使用頻度が少ない方は、数年異変を感じない場合もあります。急がなくてもよいですが、ウイルスの影響など予期せぬ事態も起こりますので、できるだけ早く作成してしまいましょう。

ちなみに、購入後1週間程度での不具合(強制シャットダウンが多発するなど)は初期不良で対応してもらえる場合が多いので、無理せず購入先に相談しましょう。

 

 

USBかCDか

USBの方が圧倒的に楽です。

CDやDVDはどんなに容量が大きくても、2枚以上の複数になります。どちらも作成するのはバックアップとしては完璧ですが、どちらか1つで十分だと思います。万が一の時は、3,000円程度でメーカーから購入できるものもあります。(古くなり過ぎたパソコンは注意)

 

たけむ
私はUSBおススメ派なので、今回はUSBで作成する手順をまとめますね。

 

USBの種類は?

一番安いのでOK

USBには“容量”があります。容量は8GB、16GB、32GB…と倍数で増えていきます。数字が大きいほどたくさんのデータ(Excelファイルや写真)を保存することができます。

下の“手順0”で回復ドライブの作成に必要な容量を確認して購入してください。

まむさん
平均16GB以上が多いようです。32GBのUSBを用意しましょう。必要な容量のUSBの中で安いものを購入してね。

USBドライブの写真

SurfaceGOなど、2in1タブレットタイプの場合はUSBがType-Cなので、必ず確認してから、購入してください。

  • Type-A:差込口が大きめの従来のタイプ
  • Type-C:差込口が小さい最近見かけるタイプ

 

回復ドライブを作成する手順

(USBの場合)

step
0
(準備1)必要な容量を確認する

回復ドライブを作成するために、どのタイプのUSBを用意したらよいのか確認します。以下の手順4-1まで進め、〇〇GBが必要です。の数字を確認したら、いったん[キャンセル]をクリックして、作業を中断。必要なUSBを購入し、手順1から進めます。

 

step
0
(準備2)画面の電源OFFとスリープの解除

回復ドライブの作成時間は2時間程度です。作業中に画面がOFFにならないように設定を変更しておきましょう。

\画面の電源OFFとスリープの解除方法/

  1. デスクトップの何も無いところで右クリック→[ディスプレイの設定]→[電源とスリープ]
  2. 【電源に接続時】の「画面」と「スリープ」の設定時間を「なし」を選択
  3. 充電した状態で回復ドライブの作業を開始

電源とスリープの設定画面

 

 

step
1
回復ドライブの画面を管理者として開く

  1. パソコン画面左下の[ここに入力して検索]に「回復」と入力
  2. 表示されたメニューから[管理者として実行]をクリック
  3. 次の表示される[変更を加えることを許可しますか]の[はい]をクリック

回復ドライブの作成方法の画像2

 

step
2
回復ドライブの作成

  • [次へ]をクリック

※[次へ]をクリックしても、すぐには開始されません。

回復ドライブの作成方法の画像5

 

step
3
お待ちください

  • 数分待ちます

焦らずに、クリックしたり他の作業をしたりしないで待っていてください。

回復ドライブの作成方法の画像4

 

step
4
USBフラッシュドライブの接続

  1. ここで用意したUSBをパソコン本体に指す
  2. [次へ]をクリック
  3. [作成]をクリックして開始

回復ドライブの作成方法の画像3

この画面で必要なUSBの容量は「16GB以上」と言うことが分かります。「32GB」のUSBを用意しましょう。【準備0】のUSBの容量を確認の場合は、ここでいったん[キャンセル]をクリックして画面を[×]で終了します。

 

step
5
完了を待って終了

作成が終わると「終了しました」のメッセージが表示されます。

画面右下からUSBの終了をして、USBを抜き、大切に保管しておいてください。

 

私は約1時間半かかりました(USB3.0を使用)。時間のある時に作業してくださいね。スクリーンセーバーや自動スリープ機能に注意。解除するか、たまにマウスを動かしてください。
まむさん

 

さらに詳しく

Lenovoのノートパソコンの回復ドライブをFacebookページでライブ配信しました。録画が残っていますので、実際の画面を見て確認できます。※USBは2.0を使用。2時間20分かかりました。

回復ドライブ(旧リカバリーディスク)の作成(パソコンはLenovo)|FacebookページWordとかExcelを楽しく使うコツ

 

パソコンを買い替えるときにやること

パソコンを買い替える時に、古いパソコンでやること、新しいパソコンでやることのポイント3点をまとめた記事はこちら

パソコン電話番号を求める画面の写真
参考【PINって何?】パソコン買い換えの「前と後」にやること3選

パソコンを買い換える際に確認したい3つのことを、初期設定の電話番号とPINの解説も含めてまとめました。

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

竹村真奈美

パソコンとパステル和アートインストラクターで、地方創生事業に参画しています。パソコン講師歴は15年。2015年からフリーランスで活動しています。

-IT・パソコンの基礎知識
-

© 2020 たけむ.net