Webサイトの基本

覚えておくと便利な簡単なHTMLコード

2021年1月8日

たけむ
痒いところに手が届く。ちょっと覚えておくと便利なHTMLコードをメモしておきますね。

ブログを書くシステム、アメブロやはてなブログ、Googleブロガー、WebサイトであればMIXやJimdo、Amebaオウンドなどインターネット上で公開されているページは“HTML”と言う言語で作成されています

今はHTMLコードを知らなくてもブログではればアメブロやはてなブログ、Googleブロガー、WebサイトであればMIXやJimdo、Amebaオウンドなどの無料のシステムを使って、簡単にWebサイトの記事を書くことができます。ワードプレスもその一つです。

HTML(エイチティーエムエル)はHyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)

HTMLコードは<>(小なり大なり)で挟まれています。[ ](各括弧)で挟まれたコードはアフィンガー5独自のコードです。

 

HTMLコードのボタンがない画面では

記事を書く画面には【B】や【I】、【リンク】などのボタンで簡単にHTMLコードを追加できますが、サイドバーの編集やプロフィール設定など、HTMLコードのボタンがない画面もあります。

HTMLコードのボタンがない画面では、記事の画面で下書きをしてHTMLコードをコピペするのが効率的です。

ちょっとしたコードを覚えておくと、コピペ先での軽微な修正に対応できてストレスが減りますよ。

 

ちょっとしたHTMLコード

半角の小文字に統一

HTMLコードは半角英数で書きます。

大文字、小文字は自由ですが、私は小文字に統一しています。

 

意味 HTMLコード 用途
別タブで開く target=”_blank” リンク先を新しいタブで開く
水平線 <hr> 区切りの線が入る
改行 <br>
段落 <p>ここに文字</p>
まむ
随時、更新していきます。

デジタルが〝楽に楽しく〟なるお手伝い

  • 起業や集客に欠かせないHPやSNS
  • 子どもの学習やゲームにも必須になったパソコンやインターネット環境
コロナ禍でオンラインが加速し、スマホで十分。の時代から、パソコンや情報収集がうまくできないと〝ちょっと損〟な時代に変化しています。 手当たり次第に全部取り入れるのではなく、目的に応じて必要な環境とモノを整理して、厳選して使いましょう。 デジタル周りの整理整頓をお手伝いしています。

パソコンインストラクター竹村真奈美

まむ
パソコンインストラクター16年、独立6年目になりました!
地域のパソコン講座をはじめ、Facebook本社にてトレーニングを受けFacebook#起業女子プロジェクトの北海道地区担当トレーナーとして全道でSNS講座を開催。 札幌市南区真駒内・創成東地区の地方創成事業にも参画し、子どもが放課後を主体的に過ごせるまちづくりを考えています。

check!

FacebookInstagramBlog

\問い合わせはLINE公式から、どうぞ/

LINE公式

  • この記事を書いた人
アバター

竹村真奈美

パソコンとパステル和アートインストラクターで、地方創生事業に参画しています。パソコン講師歴は15年。2015年からフリーランスで活動しています。

-Webサイトの基本
-

© 2021 たけむ.net