News まちづくり

第5回いぶり基金(2020年前期) 採択されました

2020年、前期、助成金を頂いて震災支援をさせて頂けることになりました。

去年、いろいろな団体さんから声をかけて頂き、一緒に活動できたことで実績ができ、自団体で、こうして活動を続ける資金を得ることができました。本当にありがとうございます。

いぶり基金決定通知書の写真

北海道胆振東部地震は発災から1年4ヵ月が経ちました。

北海道胆振東部地震は、特定災害に指定されなかったので、仮設住宅には2年2ヵ月までしか入居できず、と言うことは、今年の年末にはこの仮設住宅も談話室もなくなってしまいます。

皆さんが戻る先はバラバラ。 ご自宅に戻れる方もいるかもしれないし、公共住宅などに移る方もいます。 私はこれまで、仮設住宅に住んでいる方が、お隣さんとコミュニケーシを取り、生活の違いを理解することで、騒音などによる日々のストレス軽減になればいいなと言う思いで、“パステルの会”を通した“出会うため”の震災支援を行ってきました。

ただ、最近では、“戻った方”と“戻れない方”が出会う場は、また違う配慮が必要だなと感じています。 さらに、これからは、戻る先が違う。思い通りに戻れない。など、仮設住宅がなくなる年末に向けて、焦りやまた違うストレスが出てくるだろうなと思います。

簡単な支援ではありませんが、協力してくれている団体さんから知識や知恵を借りながら、できるペースでかかわっていきたいなと思っています。

北のNPO基金|第5回いぶり基金助成定団体

 

ご質問・問い合わせはLINE公式で受け付けています。
普段の困ったをご相談ください。

\竹村LINE公式/

友だち追加

  • この記事を書いた人
アバター

竹村真奈美

パソコンとパステル和アートインストラクターで、地方創生事業に参画しています。パソコン講師歴は11年。2015年からフリーランスで活動しています。

-News, まちづくり
-

© 2020 たけむ.net