【デジタル化応援隊事業2020】IT専門家となりました

2020年11月19日

  1. HOME >

【デジタル化応援隊事業2020】IT専門家となりました

【デジタル化応援隊事業2020】IT専門家となりました

中小企業デジタル化応援隊事業とは?

本事業の目的

全国の中小企業・小規模事業者のさまざまな経営課題を解決する一助として、デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を「中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援することを目的としています。

事業期間:2021年2月28日(登録は2021年1月31日まで)

たけむ
こんにちは。パソコンインストラクターの竹村です。パソコン関係の仕事に従事して約15年、独立して5年になりました。現在はWordやExcelなどのビジネスソフトの講座や、起業したい女性に向けたSNSの開設・運用アドバイスなどをしています。

 

上記、この事業のWebサイトは少々お堅いイメージですが、私たち個人事業主も対象です。この度、デジタル化応援隊事業の講師登録が完了し、皆さまに「IT専門家」として、パソコン周りのお困りごとのご相談に乗れるようになりました。

上記の事業を通して、ご相談いただくことで相談費用が補助されるため、自己負担1時間につき1,000円でご依頼いただけます。

この機会にぜひ、デジタルの基本を学んで環境を整えましょう☆

この事業ではご相談・アドバスのことを「支援」と表記しています。

 

 

対象と条件

  1. 支援(相談)を受ける方は、開業届を提出している方が対象です。
  2. 下記ページから「中小企業」の登録が必要です。(個人事業主もこちらから)

中小企業登録ページ:https://digitalization-support.jp/companies/add

 

 

竹村が支援(アドバイス)できること

  • パソコンの購入や買い換えのアドバイス
  • WordやExcelなどのビジネスソフト(紙ベースからデジタルへ)
  • データのクラウド管理や共有(フォルダの整理やメールのやり取り、Googleドライブなど)
  • ホームページ開設(jimdo、wix、Amebaオウンドなど初心者から自分で作るサイト運営)
  • ワードプレスで作るブログ型ホームページ構築(検索される記事の書き方アドバイス)
  • ベイスなどを使ったネットショップ開設
  • LINE公式などのお客様とのコミュニケーションツールの導入
  • QRコードの作成、管理(追跡できるサービスのご紹介)
  • Zoomを使ったオンラインセミナーのはじめ方
  • タスク管理、グループ共有ツールの導入(Googleカレンダーの共有asanaなど)

など、初級~中級程度のデジタル化を得意としています。

画像・動画編集などは得意としていないため、竹村の手に負えない案件については、他の専門家をご紹介いたします。

 

支援(相談)開始までの流れ

簡単な流れ

  • 竹村に困りことを連絡
  • 「中小企業」としての登録を進める(数日お時間がかかります。)※納税証明書が必要です。
  • 支援計画(カリキュラム)を作成【竹村】
  • 支援計画の内容を総時間、自己負担額をご確認
  • 「中小企業」の登録完了後、上記相談案件を登録
  • サイト上で契約締結
  • 自己負担額お支払い(お振込み)
  • 支援開始

 

納税証明書について

①所得税の納税証明書、ない場合、
②住民税の納付書、もない場合
③非課税証明書

扶養内で個人事業主の方が③が必要になります。

 

竹村への問い合わせ方法

ご都合の良い方法でご連絡ください。

まむさん
どこで出会ったかも、教えていただけると嬉しいです。

 

\IT専門家にもなれる/

ご自身が学んだ内容は「IT専門家」として登録することで、アドバイスする側になることもできます。

「IT専門家」は開業届を出していないフリーランス、副業の方でもOKで、デジタル化のすそのを広げるねらいがあり、アドバイス内容はキャッシュレス決済のアプリ導入、名刺管理アプリの導入など「アプリ」で解決できることも含まれています。

アドバイス時間1時間につき3,500円の補助を受けることができます。

私にもできそう!なことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

 

 

2020年11月19日

© 2020 たけむ.net